フィラリア予防

tmp02

中野ペットクリニックでは、病気を未然に防ぐための〝予防〟に力を入れております。
かけがえのない家族の一員の健康を守り、ともに暮らす幸せを末永く続けられますよう、お手伝いいたします。

icon3_1
犬フェラリア症は、蚊が媒介する犬フィラリア(犬糸状虫)という寄生虫の成虫が、犬の肺動脈や心臓に寄生して起こる病気です。犬フィラリアが寄生することで血液の流れが悪くなり、心臓への負担がおおきくなって、身体にいろいろな障害が出現します。放置すれば最悪の場合死に至ることもあります。
<主な症状>元気・食欲の低下/呼吸困難/発咳/腹水、肺水腫/赤色尿

icon3_2
も し、フィラリアに感染している犬にフィラリア予防薬を飲ませてしまうと、血中に存在する子虫が一気に死んでしまい、さらに悪化する可能性があります。最悪、死に至ることも…。前回の検査のときには、しっかり飲ませていたつもりでも、実は飼い主さんの知らないところでお薬を吐き出していこともあるかもしれ ません。そのため、お薬を始める前にしっかりと検査することが必要です。

icon3_3
フィラリア症の媒介となる蚊の出現が出現したら、蚊が見られなくなった後1ヶ月先まで、毎月1回投薬します。
予防に勝る治療はないので、大切な犬のための予防をしっかりと行っていきましょう。

詳しくは、当院にご相談ください。